文系大学生のゲーム制作大戦

Unityで文系大学生が頑張ってゲーム作ってみる

文系大学生のゲーム制作大戦

Unityゲーム記

Oculus Riftを借りた話+VRTKを導入するときのコンパイルエラー

UnityでアセットつかえばVRゲームが簡単にできる?!

uinyan.com

よっしゃ俺もやったろ!

 

33-4(チーン)

 

お久しぶりです。わほいです(1か月ぶり3度目のネーム変更)。

前回なんとか2Dシューティングゲームをリリースしてから2か月が経ちました。

今まで更新しよう更新しようと思いつつも人生の進捗が生まれず書くこともあまりなかったので放置してました。

しかし!

 

今回なんと某氏からOculus Riftを借りることになり、VRシューティングゲームを作ってみようかなーと思いました。

 

初日はカスメVRやったりMikulusやったりwktkしながらVRの世界に没頭しましたね

あとthe Labの弓矢すごい面白かった、まさに次世代。

そして先週の土曜日、ついにUnityでVRゲームを作ってやろうじゃないかとなったわけだけど…。

コンソール「error CS0117: OVRPlugin' does not contain a definition forGetEyeVelocity'コンソール「error CS0117: OVRPlugin' does not contain a definition forGetEyeVelocity'コンソール「error CS0117: OVRPlugin' does not contain a definition forGetEyeVelocity'コンソール「error CS0117: OVRPlugin' does not contain a definition forGetEyeVelocity'コンソール「error CS0117: OVRPlugin' does not contain a definition forGetEyeVelocity'」完

ってなったわけですね。

少々Oculus RiftとUnityの結びつきに苦労しながらもどうにかできたのですがどうしてもVRTKの導入ができない…一体何が足りんかったんでしょうかねぇ~…。

vr-lab.voyagegroup.com

こちらのサイトを参考にしながら導入を試みるもコンパイルエラー

7日間の人はOculusを使っているので使えないはずはないのだけどと堂々巡りを繰り返して日曜日深夜2時ごろエラーコードでググったらある記事が

github.com

簡単に要約すると

 

  • OculusのOVRではもうGetEyeVelocityは使われていない
  • VRTKのAsset版とGitHub版でバージョンが違う(Asset版が未更新)
  • OculusでVRTKを使いたい人はGitHub版を使わないといけない

ということらしいです。てなわけでGitHub版を入れてみると…

 一体この2日間はなんだったんだ…というくらいすんなりできました\(^o^)/

結構Asset版との変更点があってびっくりしましたが導入自体はさほど他サイトで説明されているのと変わりませんでした。まあとりあえず導入できてよかった。(本気で自分の持ってるUnityはほかのと違うんじゃないかと思い込みかけたし)

調べているうちに感じたのですがOculus Riftはゲーム開発という面だと割と冷遇されている感がありますね。やはりHTC-Viveが強い。しかしこれからMSもVRに格安参加したりで色々また変化が起こりそうですね発展途上なんだなーと(;・∀・)

ひとまずOculusは某氏に返してその代わりHTC-Viveを借りることになったのでシューテングレンジでも作ってみます。

それではまた次回の更新で~

2Dシューティングゲーム完成&リリース報告!

こんにちはなれとこです(名無しの大学生から変えました)

2月の終わりに制作しているといったUnityのゲームが完成し無事リリースできたので報告します!

タイトルはシークプラントシューティング(1分で考えた)です!

以下DLリンク

 このゲームは自分がUnityとスクリプトを組んでドット絵とBGMはさとるくんに作ってもらった共同作品のようなものになります(↓協力してくれた人のtwitter

さとる@ベーシスト募集中 (@S10r6) | Twitter

ちゃんと一から組んでクリアまであるゲームを作ったのは初めてなのでステージのバランスや操作等色々問題があると思いますのでぜひぜひレビューに書いてください(実は何点かもう友達にツッコまれた)

バグがあれば解決しつつ次回は3Dゲームに戻り作成していくつもりです。

またBlenderをいじりだしていていつかUnityやUEに自作のモデルを付けてゲーム作りたいなとも思っています(実はカスメ用にQMAアロエちゃんのセット作るのがメインだったり…

ということでDLしてプレイしていただけると嬉しいです

また次回の更新で~

シューティングゲーム制作アイテム作成

f:id:zeidalinku:20170225232659p:plain

こんにちは!名無しの大学生です!

なんとか月二回は進捗を報告したいと思っていながらそこまで記事にするようなことがなくて結局月末になってしまいました(;・∀・)

今日は前言ったシューティングゲームの制作をしていました!

主にアイテムやUIの処理を行っていまして具体的には

0.3方向に発射できるアイテムの追加

これは昨日作ったものでシューティングゲームではおなじみの要素ですね!

1.体力の設定

これは例の参考書

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発

 

 を参考にしました!(いまだに理解しきれてない部分があるっていう)

2.体力回復用のアイテム

これは単純にintいじっただけですのですんなりおわりました。

3.連射強化アイテム

コルーチンを使って連射速度を調節してアイテム取った時に値が変更されるように調整してみました!

4.スコアの0埋め

スコアが0の時に00000とか表示するあれですToStringを使えば比較的簡単にできるみたいですね。これはC#にもとからある関数っぽいです。

5.バリアアイテム

バリアーを追加するアイテムです。アイテムをとったときにコライダーとSpriteRendererがtrueになるように仕込んでみました。

6.アイテム効果時間の表示

各アイテムは30秒という制限付きで効果が得られるように作ってみました。

そして残り時間をちゃんと見れるように、アイテムをとった瞬間に表示が出るように仕込んでみました。ちなみにfloat型で計算しているのでToStringを使って小数点以下は非表示にしました。

フォントはグラフィックに合うように8bit風フォントを、

PixelMplus(ピクセル・エムプラス) ‥ 8bitビットマップふうフリーフォント - itouhiroはてなブログ

こちらのサイトから使わせてもらっています。

 

といった具合でだらーっと進捗を報告してみました。

ちなみに書いたコードを見直してみたら

こんな感じになってしまいました…w

boolとifを多用しているのとUpdate内になんでも書きすぎな気がしてこれ大丈夫なのかなーとか考えたり、まあ動くからいいかなって感じもありますがw

さて、これからは敵キャラとステージ作成のほうに移っていきたいと思っています。

それではまた次回の更新で~!

シューティングゲーム制作!&新年の挨拶(今更)

皆様、あけましておめでとうございます!(今更)名無しの大学生です。

最近ツイッターとブログのアイコンを専門学校に行ってる友達に描いていただいて更新しました!

一応このキャラクターふりこという名前があります。最初自分で描いたときフリー素材っぽいといわれてのに由来していますw本当に素敵なイラストをもらってありがたい限りです。

さて年末にこれから何作るかとか話ましたが、すべて忘れてください。

というのもですね実は今、自分が所属しているサークルで、ゲーム制作の企画をしないかと誘われたのでそっちのほうでゲームを作っているんです。

とはいっても先月は期末試験があり今月から少しづつ進めているプロジェクトなのと、自分がまだまだプログラミングわからんので進度は遅めです…。

自分も含めて現在二人で企画を進めているのですが、今のところ造ろうと思っているのは、「2D弾幕シューティングゲーム」です。制作にあたってドット絵とBGMはもう一人にせいさくしていただいて、自分はプログラミング担当で進めているという感じです。

ということで今のところこんなのができたよっていうのを動画をはっつけていきます!


Unityシューティングゲーム制作1(ブログ用)

これは敵の胴体→ 尻尾→頭という順番で倒さなくてはならないというスクリプトを書いたものになります!

スクリプト同士でうまく干渉させるのにすごく時間かかりました…w


Unityシューティングゲーム制作2(ブログ用)

こっちは斜めに弾幕が展開した後追尾するホーミング機能をつけたものになります!

実はこのホーミングプレイヤーの座標をVector2に適応させたものになるので速度がプレイヤー座標に左右されてしまうんですよね。ほかの方法をググってみたけれど複雑すぎて脳の処理のほうが落ちかけるというざま(;・∀・)

それと今回はコルーチンを使って弾幕を展開させたのですが、あまりコルーチンの仕組みを理解していないという(そもそも名前を今日聞いた)。

はたしてこのプログラミング技術で一体どの程度のものを作ることができるのだろうか…?とにかくできるだけは頑張っていきたいです!

それではまた進展があったら投稿したいと思います。

ではまた次回の更新で~!

 

進捗状況・生存報告

おはようございます!お久しぶりです。名無しの大学生です。

かれこれ一か月以上もブログを放置していました(;・∀・)

なぜ放置してたかというとそこまで大きな進捗がなかったからです…。

一応細かな進展はtwitterのほうで報告はしていましたから閲覧してくださってる人はどこまで進んでいるかわかるとは思いますが、なんというか

さっぱりです!全然進みませんね。単純にプログラミングの技術だったりギミックを考える発想力だったりが全然なくてだれ気味になってしまいました。

一応ゲーム制作の要素として始めたイラストもクイズマジックアカデミーというゲームに出てくるキャラの誕生日イラストを描くという独立した目的で書くようになりましたし…。

なので!一応ステージを一個作って完成という感じしようかなと思っています。

なんだかんだでちょこちょこ作っていたので放置するのもしゃくなんですよねw

今回は実験という形で、今度は3Dで気軽にできるゲームを年明けからはやっていきたいなーと思っています。

しかしギミックとか発想ってどう鍛えればいいんですかね(;´・ω・)ひょっとしてこれが教養の差とかいうやつなのか!ということで知識もできればどんどん吸収して来年からは本格的なゲームを作れたらなと思っています!

それではみなさん、よいおとしを~

ダメージ処理を追加!

おはようございます、名無しの大学生(仮)です!

今回はここ数日詰んでいたダメージ処理がやっとできたので報告します。

↓のサイトを参考にSliderでHPゲージを表示してあとはOncollisionEntrer2Dをつかうだけ

ってなっていたのですが…

qiita.com

なぜか動かないゲージ…なぜだ…

ということでいろいろなサイトを見ていましたがやっと今日できました…!

原因としては…

OnCollisionEnter2D(Collison2D col)

のCollsion2DをCollider2Dと書いていたということでした\(^o^)/

indie-du.com

このサイトをみてやっと気づきました…疑わしきは常に己ですね(;'∀')

今度からは書いたコードをちゃんと見直すようにしようと心に誓うのであった。

まあ何はともあれ、見事このように!

それにしてもOnCollisionEnterとOnTriggerEnterの使い分けがいまいちわからないという

そういう基礎知識もちゃんと入れてかないとだめですね。まだまだ先は長そうです(´・ω・`)

と、いうことでそれではまた次回の更新で~!

進度報告

コメント返し

名無しさん

応援ありがとうございます!これからもよろしくお願いします。

 

風吹けば名無しさん

やったぜ。

 

ということで、おはようございます!

名無しの大学生(仮)です!

今回は2Dアクションゲームの進度報告をしたいと思います。

最初は2Dの方が3Dよりマップ作ったり配置とか楽だろうなーって思っていたのですが、初っ端から壁にぶちあたりました。

そう…素材が少ない

という問題点がでたんです。

見下ろし方のRPG素材はツクールが広まっているおかげでたくさんあるのですが横スク

となると全然素材が見当たらないんですよね…。

とりあえず操作キャラはUnityちゃんのアセットを使って今のところ進めてはいます

苦戦をしながらイラストの専門へ行ってる友達の力を借りつつなんとか形にはなってきました!

しかし、やっぱり操作キャラは自分で描きたいってのとかけた方が後々便利になると察したので少しずつ勉強していこうかなーっと思っています

ということなのですごいマイペースな進め方になっていますが温かい目で見守ってくれると嬉しいです(;'∀')

それではまた次回の更新で~!