読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系大学生のゲーム制作大戦

理転したいコンプ全開文系大学生が頑張ってゲーム作ってみる日記です。twitter→https://twitter.com/ewohozon

シューティングゲーム制作アイテム作成

ゲーム開発(Unity)

f:id:zeidalinku:20170225232659p:plain

こんにちは!名無しの大学生です!

なんとか月二回は進捗を報告したいと思っていながらそこまで記事にするようなことがなくて結局月末になってしまいました(;・∀・)

今日は前言ったシューティングゲームの制作をしていました!

主にアイテムやUIの処理を行っていまして具体的には

0.3方向に発射できるアイテムの追加

これは昨日作ったものでシューティングゲームではおなじみの要素ですね!

1.体力の設定

これは例の参考書

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発

 

 を参考にしました!(いまだに理解しきれてない部分があるっていう)

2.体力回復用のアイテム

これは単純にintいじっただけですのですんなりおわりました。

3.連射強化アイテム

コルーチンを使って連射速度を調節してアイテム取った時に値が変更されるように調整してみました!

4.スコアの0埋め

スコアが0の時に00000とか表示するあれですToStringを使えば比較的簡単にできるみたいですね。これはC#にもとからある関数っぽいです。

5.バリアアイテム

バリアーを追加するアイテムです。アイテムをとったときにコライダーとSpriteRendererがtrueになるように仕込んでみました。

6.アイテム効果時間の表示

各アイテムは30秒という制限付きで効果が得られるように作ってみました。

そして残り時間をちゃんと見れるように、アイテムをとった瞬間に表示が出るように仕込んでみました。ちなみにfloat型で計算しているのでToStringを使って小数点以下は非表示にしました。

フォントはグラフィックに合うように8bit風フォントを、

PixelMplus(ピクセル・エムプラス) ‥ 8bitビットマップふうフリーフォント - itouhiroはてなブログ

こちらのサイトから使わせてもらっています。

 

といった具合でだらーっと進捗を報告してみました。

ちなみに書いたコードを見直してみたら

こんな感じになってしまいました…w

boolとifを多用しているのとUpdate内になんでも書きすぎな気がしてこれ大丈夫なのかなーとか考えたり、まあ動くからいいかなって感じもありますがw

さて、これからは敵キャラとステージ作成のほうに移っていきたいと思っています。

それではまた次回の更新で~!

シューティングゲーム制作!&新年の挨拶(今更)

ゲーム開発(Unity)

皆様、あけましておめでとうございます!(今更)名無しの大学生です。

最近ツイッターとブログのアイコンを専門学校に行ってる友達に描いていただいて更新しました!

一応このキャラクターふりこという名前があります。最初自分で描いたときフリー素材っぽいといわれてのに由来していますw本当に素敵なイラストをもらってありがたい限りです。

さて年末にこれから何作るかとか話ましたが、すべて忘れてください。

というのもですね実は今、自分が所属しているサークルで、ゲーム制作の企画をしないかと誘われたのでそっちのほうでゲームを作っているんです。

とはいっても先月は期末試験があり今月から少しづつ進めているプロジェクトなのと、自分がまだまだプログラミングわからんので進度は遅めです…。

自分も含めて現在二人で企画を進めているのですが、今のところ造ろうと思っているのは、「2D弾幕シューティングゲーム」です。制作にあたってドット絵とBGMはもう一人にせいさくしていただいて、自分はプログラミング担当で進めているという感じです。

ということで今のところこんなのができたよっていうのを動画をはっつけていきます!


Unityシューティングゲーム制作1(ブログ用)

これは敵の胴体→ 尻尾→頭という順番で倒さなくてはならないというスクリプトを書いたものになります!

スクリプト同士でうまく干渉させるのにすごく時間かかりました…w


Unityシューティングゲーム制作2(ブログ用)

こっちは斜めに弾幕が展開した後追尾するホーミング機能をつけたものになります!

実はこのホーミングプレイヤーの座標をVector2に適応させたものになるので速度がプレイヤー座標に左右されてしまうんですよね。ほかの方法をググってみたけれど複雑すぎて脳の処理のほうが落ちかけるというざま(;・∀・)

それと今回はコルーチンを使って弾幕を展開させたのですが、あまりコルーチンの仕組みを理解していないという(そもそも名前を今日聞いた)。

はたしてこのプログラミング技術で一体どの程度のものを作ることができるのだろうか…?とにかくできるだけは頑張っていきたいです!

それではまた進展があったら投稿したいと思います。

ではまた次回の更新で~!

 

進捗状況・生存報告

報告

おはようございます!お久しぶりです。名無しの大学生です。

かれこれ一か月以上もブログを放置していました(;・∀・)

なぜ放置してたかというとそこまで大きな進捗がなかったからです…。

一応細かな進展はtwitterのほうで報告はしていましたから閲覧してくださってる人はどこまで進んでいるかわかるとは思いますが、なんというか

さっぱりです!全然進みませんね。単純にプログラミングの技術だったりギミックを考える発想力だったりが全然なくてだれ気味になってしまいました。

一応ゲーム制作の要素として始めたイラストもクイズマジックアカデミーというゲームに出てくるキャラの誕生日イラストを描くという独立した目的で書くようになりましたし…。

なので!一応ステージを一個作って完成という感じしようかなと思っています。

なんだかんだでちょこちょこ作っていたので放置するのもしゃくなんですよねw

今回は実験という形で、今度は3Dで気軽にできるゲームを年明けからはやっていきたいなーと思っています。

しかしギミックとか発想ってどう鍛えればいいんですかね(;´・ω・)ひょっとしてこれが教養の差とかいうやつなのか!ということで知識もできればどんどん吸収して来年からは本格的なゲームを作れたらなと思っています!

それではみなさん、よいおとしを~

ダメージ処理を追加!

ゲーム開発(Unity)

おはようございます、名無しの大学生(仮)です!

今回はここ数日詰んでいたダメージ処理がやっとできたので報告します。

↓のサイトを参考にSliderでHPゲージを表示してあとはOncollisionEntrer2Dをつかうだけ

ってなっていたのですが…

qiita.com

なぜか動かないゲージ…なぜだ…

ということでいろいろなサイトを見ていましたがやっと今日できました…!

原因としては…

OnCollisionEnter2D(Collison2D col)

のCollsion2DをCollider2Dと書いていたということでした\(^o^)/

indie-du.com

このサイトをみてやっと気づきました…疑わしきは常に己ですね(;'∀')

今度からは書いたコードをちゃんと見直すようにしようと心に誓うのであった。

まあ何はともあれ、見事このように!

それにしてもOnCollisionEnterとOnTriggerEnterの使い分けがいまいちわからないという

そういう基礎知識もちゃんと入れてかないとだめですね。まだまだ先は長そうです(´・ω・`)

と、いうことでそれではまた次回の更新で~!

進度報告

ゲーム開発(Unity) 報告

コメント返し

名無しさん

応援ありがとうございます!これからもよろしくお願いします。

 

風吹けば名無しさん

やったぜ。

 

ということで、おはようございます!

名無しの大学生(仮)です!

今回は2Dアクションゲームの進度報告をしたいと思います。

最初は2Dの方が3Dよりマップ作ったり配置とか楽だろうなーって思っていたのですが、初っ端から壁にぶちあたりました。

そう…素材が少ない

という問題点がでたんです。

見下ろし方のRPG素材はツクールが広まっているおかげでたくさんあるのですが横スク

となると全然素材が見当たらないんですよね…。

とりあえず操作キャラはUnityちゃんのアセットを使って今のところ進めてはいます

苦戦をしながらイラストの専門へ行ってる友達の力を借りつつなんとか形にはなってきました!

しかし、やっぱり操作キャラは自分で描きたいってのとかけた方が後々便利になると察したので少しずつ勉強していこうかなーっと思っています

ということなのですごいマイペースな進め方になっていますが温かい目で見守ってくれると嬉しいです(;'∀')

それではまた次回の更新で~!

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門、一通り終わりました!

ゲーム開発(Unity)

おはようございます、名無しの大学生(仮)です。

前々回アプリストアに投稿して,

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発

 

 ↑の最終章である2Dゲーム開発の章を少しづつ進めていましたが、ついに終わりました!

これでこの本は一読したということになりますね!

作ったのはバルーンファイトGoogleChromeのオフラインで楽しめるようなゲームです

~以下参考画像~

f:id:zeidalinku:20161106210001p:plain

 

f:id:zeidalinku:20161106210051p:plain

 

f:id:zeidalinku:20161106210218p:plain

 

非常にシンプルなゲームですが、これ結構コード使いますね

オブジェクトやほかのコードとリンクするなどぱっと見じゃわからないコードが多くて大変でした(今もわかっていない)

読んでてなるほど、と思ったのが背景を動かすというところでした

地面や背景をプログラムで動かしてプレイヤーが動いているように錯覚させる…

なのでちょっと画面比率を変えると、

f:id:zeidalinku:20161106210851p:plain

結構ハリボテ感がでますw

しかしこの発想はすごいですね、いやクリエイター側としては当然なのかもしれないのですがね(-_-;)

 

とりあえずどういう風にして2Dゲームが作られているかは把握したので今度は簡単な2Dアクションゲーム!制作を始めようと思います(`・ω・´)

自分はもちろんUnityで作りますが、この前聞いた話だと

GameMakerという制作ソフトがあるそうですね!

Game Maker まとめWiki - Game Maker まとめWiki

このソフトはUnityのComponentを詳しく設定できるようになった2Dアクション特化のゲーム制作ソフトらしいです。

言語とか必要なしに積み木感覚で作れるそうで、こちらも魅力的ですねぇ

中学時代にのびハザみたいなゲームを作りたくてツクール改造のサイトみて挫折した記憶が。

当時このソフトがあったら知ってたら制作できていたのかもなぁとか思ってみたり…

訂正:

調べてみたところ1999年からリリースされているらしいです、中学どころか小学校すら入ってないときからあるとは…

まあそれはそれとして今度は2Dゲームやっていきますよ!

それではまた次回の更新で~!

 

Arduinoに触れてみた!

電子工作(Arduino)

おはようございます、名無しの大学生です。

こんかいはUnityのゲーム開発のほうではなく、Arduinoについてです。

前々から興味があったのですが、なかなか手が出せなかった電子工作。

いつかはやってみたいと思っていたのですが、amazonポイントが5千円分手に入ったのを機に思い切って買ってみました!

ラズベリーパイのほうを当初は使おうと思っていたのですが主流な言語がC#とは離れている(一応C#でもできるらしいが主流ではないっぽい)のと、電子工作を体験したいというのであればArduinoのほうがええでっていうのがネットの大体のサイトで書かれていたのでキットの安さもありこちらを購入しました!

 

 買ったキットは↑のになります。不安なレビューもありましたが今のところ正常に使えているのでよかったです(`・ω・´)

deviceplus.jp

こちらのサイトを参考にLチカというLEDをチカチカ光らせるのにチャレンジしてみましたよ!

 

 

たのしかったです(KONAMI感)

なんだかんだでC++の勉強にもなってるのでよかった…のかな?

ゆくゆくはデバイスとつなげて遊べるゲームも作ってみたいですね

ということでまた、次の更新で~