文系大学生のゲーム制作大戦

Unityで文系大学生が頑張ってゲーム作ってみる

文系大学生のゲーム制作大戦

Unityゲーム記

Oculus Riftを借りた話+VRTKを導入するときのコンパイルエラー

UnityでアセットつかえばVRゲームが簡単にできる?!

uinyan.com

よっしゃ俺もやったろ!

 

33-4(チーン)

 

お久しぶりです。わほいです(1か月ぶり3度目のネーム変更)。

前回なんとか2Dシューティングゲームをリリースしてから2か月が経ちました。

今まで更新しよう更新しようと思いつつも人生の進捗が生まれず書くこともあまりなかったので放置してました。

しかし!

 

今回なんと某氏からOculus Riftを借りることになり、VRシューティングゲームを作ってみようかなーと思いました。

 

初日はカスメVRやったりMikulusやったりwktkしながらVRの世界に没頭しましたね

あとthe Labの弓矢すごい面白かった、まさに次世代。

そして先週の土曜日、ついにUnityでVRゲームを作ってやろうじゃないかとなったわけだけど…。

コンソール「error CS0117: OVRPlugin' does not contain a definition forGetEyeVelocity'コンソール「error CS0117: OVRPlugin' does not contain a definition forGetEyeVelocity'コンソール「error CS0117: OVRPlugin' does not contain a definition forGetEyeVelocity'コンソール「error CS0117: OVRPlugin' does not contain a definition forGetEyeVelocity'コンソール「error CS0117: OVRPlugin' does not contain a definition forGetEyeVelocity'」完

ってなったわけですね。

少々Oculus RiftとUnityの結びつきに苦労しながらもどうにかできたのですがどうしてもVRTKの導入ができない…一体何が足りんかったんでしょうかねぇ~…。

vr-lab.voyagegroup.com

こちらのサイトを参考にしながら導入を試みるもコンパイルエラー

7日間の人はOculusを使っているので使えないはずはないのだけどと堂々巡りを繰り返して日曜日深夜2時ごろエラーコードでググったらある記事が

github.com

簡単に要約すると

 

  • OculusのOVRではもうGetEyeVelocityは使われていない
  • VRTKのAsset版とGitHub版でバージョンが違う(Asset版が未更新)
  • OculusでVRTKを使いたい人はGitHub版を使わないといけない

ということらしいです。てなわけでGitHub版を入れてみると…

 一体この2日間はなんだったんだ…というくらいすんなりできました\(^o^)/

結構Asset版との変更点があってびっくりしましたが導入自体はさほど他サイトで説明されているのと変わりませんでした。まあとりあえず導入できてよかった。(本気で自分の持ってるUnityはほかのと違うんじゃないかと思い込みかけたし)

調べているうちに感じたのですがOculus Riftはゲーム開発という面だと割と冷遇されている感がありますね。やはりHTC-Viveが強い。しかしこれからMSもVRに格安参加したりで色々また変化が起こりそうですね発展途上なんだなーと(;・∀・)

ひとまずOculusは某氏に返してその代わりHTC-Viveを借りることになったのでシューテングレンジでも作ってみます。

それではまた次回の更新で~